ウィッグの豆知識

ウィッグ専用トリートメント

ウィッグのトリートメントについて

ウィッグのトリートメントについて ウィッグは、薄い隠すための物としての認識ではなく、今や、老若男女のおしゃれの一つとして定着しています。様々なものが存在し、幅広い年齢層から好まれているのも事実です。
特に、時間のない朝などにも簡単に装着できるものも増え、なおかつ、安価であるものも人気です。ウィッグは手入れをしっかりすることで長持ちさせることができます。
そのため、定期的にトリートメントをすることも重要です。
絡んでしまったウィッグは、その日のうちにブラッシングし、水で薄めたシャンプーとリンスで手入れをし、髪と同様に、一本一本に浸透するようにトリートメントをなじませます。
タオルで包んで水を切った後は、そのまま寝かせて室内干しをするといいです。ロングヘアの場合は、特に乾燥をしっかりさせることで、癖のない髪のようになります。
冬場の湿気が少ない時期には、人間の頭髪同様、傷みやすくなってしまいますので、手入れを怠らないようにすると、より良い状態で長持ちさせられます。

ウィッグのにおいの落とし方

ウィッグのにおいの落とし方 年齢を重ねると抜け毛が増えます。髪の毛の分け目もどんどん薄くなります。
抜け毛の原因は血行不良でです。血液の流れが悪くなると頭皮に栄養がとどかなくなり薄毛になるのです。
ケアをしてもダメな場合はウィッグをつける方法があります。これをつければ簡単に薄毛の部分を隠すことができます。
また、最近の物は取り外しも楽です。しかし、毎日つけるとなると気になるのがにおいです。
夏場ともなれば、なおさらです。ウィッグのにおいを防ぐにはこまめな洗浄が必要です。
やり方は簡単で、洗面器を用意しお湯を入れます。そこにシャンプーを入れてとかし石鹸水を作ります。そこにウィッグをいれておし洗いします。そして、石鹸水をながし、洗面器にお湯をいれウィッグを押し洗いしながらすすいでいきます。
洗い終わったらドライヤーで乾かし形を整えていきます。入浴ついでに行っても良いです。
これで、においはきちんと落ちます。自分の髪同様にケアがいります。