ウィッグの豆知識

ウィッグのラバーと付け方

ウィッグのラバーとは何でしょうか

ウィッグのラバーとは何でしょうか ラバーとはズバリ「人工皮膚」の事です。
ウィッグには「ラバーあり」と「ラバーなし」があり、ありのタイプは分け目などがとてもリアルな感じに仕上がっています。ヘアスタイルに合わせて頭頂部についています。
また、なしのタイプは分け目自体が見えないようになっていて、ボリュームアップスタイルというような仕上がりです。
毛の立ち上がりをキープするために、細い短い毛が頭頂部にたくさん入っていて肌が見えない作りになっているので人工皮膚がいらないのです。
ただ、その部分の生え際をよく見ると多少人工感が否めませんので気になる場合は人工皮膚なしのタイプを選んだ方がいいかもしれませんね。
ラバーのあるなしは、そのウィッグのヘアスタイルによって決まっていることが多いようです。
キャップをかぶると頭頂部は隠れますので、その場合は特に気にすることはないですし、分け目を自然に見せたいのであれば人工皮膚があるタイプの物を使えばいいでしょう。

ウィッグの付け方の疑問やエアリーウィッグの魅力

ウィッグの付け方の疑問やエアリーウィッグの魅力 ウィッグの付け方は様々です。部分的なものであれば、コームやクリップがついており、そのまま髪の毛につけていく事になります。
頭全体を覆うものの場合は、まずネットを使って自毛をまとめ、はみ出た部分はピン等を使って更にしっかりと留めていきます。そしてその上に被り、ピンで固定をしていきます。
固定する箇所が増えれば、頭を動かしても外れたりずれたりする心配がなくなります。そんなウィッグの中でも、最近特に注目を集めているのが、エアリー製のものです。
エアリー製の魅力は、シルエットがとても美しい事です。その為、二次元の世界を表現するコスプレに適していると人気になっています。
実際にコスプレ用に作られたものも多く、様々な色、そして個性的な髪型も多く揃っています。
それだけではなく、アレンジがしやすい事も魅力のひとつとなっています。
ですから、コスプレをしたいと考えるのであれば、エアリー製のウィッグを考えておく事がおすすめです。