ウィッグの豆知識

ウィッグのケア用品と紫外線対策

ウィッグのケア用品と紫外線対策

ウィッグのケア用品と紫外線対策 ウィッグは人毛ではなく人工毛を素材とするため、ケア用品は専門の物を購入する必要があります。
ファイバーを素材とするウィッグは、通常のブラシでブラッシングすると静電気が起きやすいので、歯が金属でできたブラシがおすすめです。
ホコリやチリで汚れた時は、専用のシャンプーとリンス、コンディショナーを使って通常の髪の毛のように洗います。
日常的なお手入れには、静電気を防止し自然なツヤを出すことができるオイルスプレーが最適です。ウィッグのゴワゴワした感触を元に戻して、長持ちさせる効果もあります。
ケア用品は様々な種類が販売されているので、使用頻度や所持しているウィッグのタイプに合わせて使用しましょう。
人工毛であっても紫外線を受ければ劣化や変色が起こる可能性があるので、日差しの強い夏場などが紫外線対策も必要です。帽子は蒸れてしまうので、日傘やスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。
体だけでなく顔や髪など全身に使えるスプレータイプは、持ち運びもできて便利です。

ウィッグのシャンプーについて

ウィッグのシャンプーについて オシャレアイテムであるウィッグですが、やはり使っていると汚れが気になるものです。
基本的にはどのタイプにも通常のシャンプーが使えると言われていますが、やはりウィッグを長持ちさせる為には、出来れば材質に合ったものを使用する事をおすすめいたします。
通常ウィッグには次のような3タイプに分かれます。

1.100%人毛を使用したタイプ
2.100%人工毛を使用したタイプ
3.人毛と人工毛との混合タイプ

この中で1番のように人毛100%のタイプであれば、今お使いのシャンプーが問題なく使えるようです。
但し、絡みやすくなっているので洗い方は出来るだけ優しく撫でるようにするとよいでしょう。
洗う前には軽めにブラッシングしておくと絡みにくくなります。
次に2番目の人工毛タイプですが、こちらはその材質おすすめのウィッグ用シャンプーを使いいただくとよいでしょう。専用の物はその材質だけを洗うように作られている為、絡みや痛みを防ぐ働きがあります。
最後に混合タイプですが、こちらも扱いやすくする為にも専用の物を使用する事をおすすめいたします。
いずれにしても、普段の地毛のシャンプーのようにゴシゴシ洗ったりするのは厳禁です。